CAS Reflection プログラミング

この記事は僕のCAS活動の報告として学校に提出するために作成したものです。少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

CASの計画書


作成した作品:四則演算計算機のアプリ

作成時間:20時間

作成期間:2019年4月1日〜4月4日まで

作品説明:このアプリは僕がSwiftの学習を始めて2週間後から4日間かけて作成したものです。このアプリは基本的な計算(足し算、引き算、割り算、掛け算)に加えて、小数点計算や負の数の計算、パーセント計算などを可能にしたものです。この作品を作るにあたって、僕が2週間の間で学んだ基礎知識を用いながら作成しました。

Creativityの理由:この作品がCASのCにあたるCreativityとなる理由は2つあります。1つ目はアプリのUI(ユーザーインターフェース)です。UIのベーシックなレイアウトはiPhone純正の計算機に似せましたが、フォント、色合い、ボタンの形などは僕が選び、組み込んだものですので、Creativityとなると思います。2つ目は、このアプリのアルゴリズムです。このアプリのアルゴリズムは僕が0から考案したもので、一切外部の文献やアプリのアルゴリズムを参考にしたことはありません。アルゴリズムを1から作り上げたことはCreativityにあたると思います。

僕が1からアルゴリズムを考案するのに使ったメモは以下の通りです。


以上19枚のノートを元にアルゴリズムを作成しました。

以上

※この記事の制作時間:30分

スポンサーリンク
Simplicityレクタングル広告(大)
Simplicityレクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
Simplicityレクタングル広告(大)